初節句の基本講座!食事会の場所やすることって?

アドセンス本文上

スポンサーリンク

初節句といえば、

「生後初めて迎える節句の日に

 子供の健やかなる成長を願って行う行事。」

であり、

男の子は5月5日の端午の節句(こどもの日)、

女の子は3月3日の桃の節句(ひな祭り)

にお祝いをします。

おじいちゃんおばあちゃんといっしょであれば、

初節句を外食でお祝いする人が多いですね。

お子さんがいるので、

個室があるかどうかの確認や、

お店の雰囲気は重要です。

初節句でお祝いをする事や

子供がいることを前提に、

お店を選ぶ必要がありますが、

そのポイントについても解説します。

食事会、どんなところでするのがいい?
内容・費用はどうすべき?

スポンサーリンク

料亭やホテルでの食事会なら、

初節句の会食コースが設けられているお店も多いです。

どちらにしても自前に

初節句お祝いが大丈夫かどうかを確認しましょう。

お食事会には、

両親・祖父母などを呼んでのお祝いを

する人が多いですが、

お祝いの半返しで5~6千円が

1人当りの食事会の相場です。

しかし実際には1万円前後と

高くなってしまったという例もあります。

食事のほかにお酒を飲む人がいれば

もっと高くなる可能性はあります。

お店での食事会は、

しっかりとお店側に金額の確認をしておきましょう。

食事の内容もお店によって違いますが

初節句用に食事を用意してくれるお店の方が

手間が省けます。

洋食より和食が初節句には一般的ですし、

両親や祖父母を招待するのであれば

和食が喜ばれます。

お食事会の支払いは2通りあります。

①自分たちが支払う場合
②夫の両親が支払う場合

です。

夫の両親と同居していたり、

近所に住んでいるといった場合は

夫の両親側が支払う人が多いです。

夫婦2人で主催して、

食事会の支払いも済ませるところもあるので、

話し合ってみてください。

家で祝う初節句も!出前やおすすめの手料理レシピって?

形としてお祝いしたり、

お子さんやお母さんの体調も考えて

自宅でお食事会を開くのもよいですよ。

形式ばったものでなくてもOKです。

その場合、ご自分で作る方もいますが

小さい子供がいる中の料理は大変ですよね。

そんな時は、

出前や仕出し、定番のお寿司が便利です。

そして、欠かせないのがお吸い物です。

お寿司にお吸い物、

その他に鯛の塩焼きや茶碗蒸しなども定番です。

オードブルでテーブルを飾っても良いですね。

あまり深く考えず、多くの料理が入っているので

気軽に豪華になります!

自分で作るのであれば、

定番のちらし寿司
手まり寿司
太巻き寿司
たけのこのお吸い物
ハマグリのパスタ

など、

季節のものを取り込んだ料理がおすすめです。

❤ 最後に 

外食は用意もしなくていいですし

片付けも無いので楽なのですが、

子ども連れだとそこまでゆっくりはできませんでした。

我が家の場合は特に何もするつもりは無かったのですが、

夫の両親からお誘いがありました。

遊びに行ったついでに、

近所で軽くお昼をご馳走になりました。

あらたまってという訳ではなかったので気も楽ですし、

食後は夫の自宅でゆっくり休んでから帰宅といった感じでした。

お食事会も良いですが

家族によってお祝いの仕方も

様々で良いと思いますよ!

あれこれ育児 記事下
スポンサーリンク